すぐ解除!Twitterで不適切(センシティブ)なツイートを表示する

センシティブなツイートを見たい女性

みなさんTwitterのタイムラインで下のような警告の表示のためツイートの画像/動画が表示されないことがありませんか。

「このツイートは、不適切な内容が含まれている可能性があるため表示できません」

「不適切な内容が含まれている可能性のあるツイートです」

「このメディアは、表示しないように設定したコンテンツが含まれているため表示されません」

隠されると「袋とじ」みたいでなんだか逆に気になってしまいますよね・・・

今回はこの「不適切な(センシティブ)な内容を含む」ツイートの画像/動画を表示させる方法をわかりやすく解説していきます。一体センシティブって何なの?というギモンから、iPhone/Android/PCでの解除方法まで詳しくお伝えします。

方法がわかりにくかったり、設定したのに「センシティブ」が解除されなかったあなたも、これで一発解除できますよ。

※本記事のスクリーンショットや公式ヘルプページ情報は、20182月時点のものです。今後のアップデートにより、画面が異なる可能性があります。

1. Twitterのセンシティブな内容の定義・基準

まずは、Twitterでセンシティブな内容とされているのは何なのか、基準はあるのかを解説していきます。

1-1. センシティブな内容=ユーザーが見たくない暴力・アダルトな内容

目隠しを外してセンシティブなツイートを見る少年

そもそもセンシティブって何ぞや??英単語では「sensitive」、日本語にすると「敏感」「慎重に扱うべき」といった意味です。センシティブな問題=取扱に注意が必要な問題という使い方しますよね。

Twitterではユーザーが意図せず暴力描写やアダルトコンテンツを目にすることがないように規制をかけています。つまり、こういったユーザーが見たくない『取扱注意』な内容を不適切な(センシティブ)ものとして設定し規制しているのです。

「成人向けコンテンツ、写実的な暴力描写、またはヘイト表現を伴う画像を含む画像/動画の前に警告メッセージが表示されるようにしています。こうすることで、利用者に対して、クリックした後にセンシティブな画像/動画が表示されることを通知できるため、閲覧したくない利用者はそうした情報をもとに判断ができます。」(Twitterヘルプセンターからの引用)

1-2. 普通のツイートでもセンシティブな内容として表示されてしまう

実はこのセンシティブな内容ですが、明確な基準は開示されていません。なので普通につぶやいたツイートの画像や動画がセンシティブな内容として表示されてしまうこともあるのでやっかいです。

センシティブな内容とされている画像/動画を見てみると「あれ?別になんてことない画像/動画」だったりします。隠さなくていいものまで非表示にされては、快適にTwitterを使えませんよね。

次章からはこのセンシティブの表示を解除する方法をご紹介していきます。

2. センシティブな内容を表示する解除設定

センシティブな内容が何かわかったところで、この非表示設定を解除する方法をご紹介していきましょう。

2-1. iPhoneの場合

実はiPhoneでTwitterアプリからこのセンシティブな内容のツイートを見られるように設定することはできません。そのため、iPhoneでブラウザ版Twitterにアクセスし変更する必要があります。

もしくは、センシティブ警告表示から、ブラウザ版Twitterに移動して設定します。センシティブ警告表示をタップすると「センシティブな内容が含まれている可能性のあるツイートです」という表示と[設定を変更]というリンクが現れます。このリンクをタップするとsafariが開きブラウザ版Twitterの設定画面に行くことができます

iPhoneでセンシティブを解除する方法

その際、設定画面が英語になってしまう場合は、本記事の3章を参照してくださいね。

【ブラウザ版Twitterでのセンシティブ解除手順】

① iPhoneの方は下のリンクよりブラウザ版Twitterを開きましょう。

https://mobile.twitter.com/  ←長押しすると「Safari」でTwitterが開きます

※注意※タップするだけだとTwitterアプリがひらいでしまいます。

② Twitterのログイン画面でIDとパスワードを入力します。

ブラウザ版Twitterにログインする

③ 自分のアイコンをタップして設定画面へ行き「設定とプライバシー」の項目をタップ

「プライバシーとセキュリティ」の項目をタップ

ブラウザ版Twitterでセンシティブを解除する方法

⑤ スクロールしてセキュリティの項目にある「センシティブな内容を含む可能性のある画像/動画を表示する」のチェックを入れる。チェックボックスが青くなり「レ」が入れば設定完了です!

ブラウザ版Twitterでセンシティブ解除する項目

2-2. Androidスマホの場合

Androidスマホではアプリからセンシティブ設定を解除することができます

まず、一番簡単な方法はセンシティブ警告表示をタップし、そこから設定するやり方です。Androidの場合「センシティブな内容が含まれている可能性のあるツイートです」という表示の下に「センシティブな画像/動画を表示」という項目がでます。それをタップすればセンシティブ設定が解除されます。

Androidの場合センシティブをタップすれば設定できる

【Twitterアプリでのセンシティブ解除手順】

① Twitterアプリで「設定とプライバシー」の項目を開きます

「プライバシーとセキュリティ」の項目をタップ

TwitterのAndroidアプリでセンシティブを解除する

③ セキュリティーの項目で「センシティブな内容を含む可能性のある画像/動画を表示する」のチェックを入れる。チェックボックスが青くなり「レ」が入れば設定完了です!

TwitterのAndroidアプリでセンシティブを解除するチェックボックス

2-3. PCブラウザからの設定

PCからの解除設定は以下になります。

①画面上部にある自分のアイコンをクリックしてプロフィールと設定を開く

「設定とプライバシー」の項目をクリック

TwitterセンシティブをPCで解除する方法

③左のサイドバーの「プライバシーとセキュリティ」の項目をクリック

TwitterのセンシティブをPCで解除する

④安全性の項目で画像/動画の表示:「センシティブな内容を含む可能性のある画像/動画を表示する」のチェックを入れて「変更を保存」をクリックします。TwitterのセンシティブをPCで解除するチェックボックス

PCの設定では、検索時のセンシティブな内容を表示しない「セーフサーチモード」も設定することができますセンシティブな内容を表示させたい場合は、検索:「センシティブな内容を表示しない」のチェックも外しておきましょう。

2-4. 複数のアカウントを持っている場合

複数のアカウントを持っている場合は、それぞれのアカウントで設定する必要があります。ブラウザ版、もしくはアプリ版で該当アカウントにログインしてそれぞれ設定しましょう。

それぞれのアカウントのIDとパスワードを覚えていないと設定できません。面倒でも都度ログインしなおしてセンシティブ解除設定をしなければなりません。

3. センシティブ解除時の困ったを解決!

3-1. 設定画面が英語になってしまう

困ったことに、センシティブ解除の設定をする際に設定画面が英語になってしまうことがあります。その場合、英語→日本語に変更する設定をまずしましょう。

①自分のアイコンをタップして設定画面にいく

Twitterの設定画面を英語から日本語に設定する

②[Setting and Privacy]の項目をタップ

Twitterの設定画面を英語から日本語にする

②[Account]をタップし[Data and permissions]の項目へいく[Language]を選択Twitterの設定画面を英語から日本語に変更する

③「English」と表示されている横にあるプルダウンTwitterのプルダウンボタンをタップして「日本語-Japanese」を選択しなおしSaveを押します。これで日本語化完了です。

Twitterの設定画面を日本語にする

3-2. 自分のツイートがセンシティブな内容となって表示されない

自分のツイートが「センシティブな内容を含むもの」と表示され見えない~と指摘されたら、自分のアカウントの設定が「ツイートする画像/動画をセンシティブな内容を含むものとして設定」されている可能性があります

2章でお伝えしたTwitterのセキュリティ設定項目でセンシティブ解除のチェックボックスの下にある、

「ツイートする画像/動画をセンシティブな内容を含むものとして設定する」

 の項目を確認してみましょう。もしチェックが入っていれば外しましょう。

Twitterで自分のツイートをセンシティブな内容に設定する

これにチェックを入れていると「センシティブな内容を含む可能性のある画像/動画を表示する」のチェックを外しているユーザーがあなたのツイートを見ることが出来なくなります。

センシティブ解除の際に誤ってこちらのチェックを入れてしまわないように注意しましょう。

まとめ

今回はTwitterでセンシティブな内容と表示されてしまう画像/動画を表示する設定についてご紹介してきました。

この記事を読むと以下の内容がわかります。

  • Twitter社の不適切な(センシティブ)内容の定義・基準
  • センシティブ表示の解除設定(iPhoneAndroidスマホ・PC
  • センシティブ解除設定画面が英語になっている場合の対処法
  • 自分のツイートのセンシティブ解除設定

SNSやネットで暴力的な描写を繰り返し目にすると健康に悪影響を及ぼすとの調査報告があるそう。そのためTwitter社がユーザーをまもるために行っている規制がセンシティブ設定というわけです。

とはいえ、普通のツイート画像/動画まで見られなくなるのは困りもの。Twitterを快適に使えるようにセンシティブの設定していきましょう。