結婚相談所の成功はまず集客から!すぐできる効果的な方法を大公開

結婚相談所で二人のハートを橋渡しする

個人で結婚相談所を開業したいけれど会員が集められるか不安、開業したものの会員がさっぱり集まらなくて焦っている、そんな悩みを抱えていませんか。

実は会員獲得の方法はそれほど多くありません。ただ、ネットの利用が当たり前の今、結婚相談所の集客方法も変わりつつありますから、あなたもその手法について知る必要があります。

今回の記事では結婚相談所の集客について、実際に会員数が伸びた具体的な方法をご紹介していきます。

結婚相談所開業早々から会員数を確実に増やすために、あなたが取るべき3つの集客方法を具体的にご紹介していきます。

その集客方法を組み合わせれば、まったく会員数ゼロからの開業も可能です。あなたに合った方法で新規会員を獲得していきましょう。

動画制作のバナー

1. 目標の会員数を設定する

結婚願望がある女性

まず結婚相談所を開業する上で会員は『一人』でも構いません。それこそ、婚活中の友人、今まで仕事で知り合った知人、自分の家族(ご子息・ご令嬢)でもいいのです。

ただ開業して結婚相談所をビジネスとして成り立たせるためには、ある程度の会員数が必要です。まずは目安として20人集客を目指しましょう。副業として結婚相談所(仲人業)を考えるならば5人の集客を目指します。(※会員からの月会費を1万円と考えた場合)

【設定料金の目安】

  • 入会金 3万円~
  • 登録料 1万円
  • 月会費 1万円
  • お見合い費用 1万円
  • 成婚料 5万~30

また、会員の成婚や退会で会員数が減ることを考えると継続して集客できる仕組みを考える必要があります。

【会員の入れ替わるサイクルの目安】

  • 会員の交際期間3ヶ月~半年
  • 在籍期間は半年から一年が平均的

そして自分が集めた会員とマッチングさせるお相手が必要となります。さすがに自力で探すとなると限界があります。こちらについては大手の結婚相談サービスに加入するとよいでしょう。

加盟金や月々のシステム利用料(1万円~)はかかりますが、1万人~5万人(登録するサービスによる)という全国の会員からお相手を探すことができます。


2. 初期投資をかけず効果的に集客する

結婚相談所を始めたばかりの場合、あまり集客や広告にお金をかけることができないのが実情です。そこで初期費用をあまりかけずに集客する方法をご紹介していきます。

2-1. ホームページ・ブログを開設し更新する

結婚相談所を開設したら、集客のためにまずやることはホームページとブログの開設です。

今モノやサービスを検討する際に、多くの人がネットで情報を集めます。婚活中の方も結婚相談所の入会に際して、会員になるかどうか事前にどんなところなのか調べてから検討します。

「どんなサービスを提供しているのか?」「他者と比較して料金はどうか?」「安心して任せられる所長・仲人・カウンセラーなのか?」「実績・成婚率はどうなのだろうか?」等々・・・

その疑問に答えるために、ホームページを作成し結婚相談所のサービス内容・料金・紹介~成婚までの流れ・所長の自己紹介・実績・お客様からの声などをまとめて掲載します。

ホームページを作成し、その上でURLを掲載した名刺・チラシ・パンフレットを作成しましょう。渡した相手に掲載したURLから結婚相談所の詳しい内容を見てもらうことができます。今や優先順位はデジタル媒体から紙媒体が基本です。

初期投資は押さえたい場合、自分でホームページを作成することもできます。ただ、デザインをきれいに、わかりやすく作るためには、ある程度技術やノウハウが必要です。自分で作成するのが難しい場合や時間がない場合には業者に頼むのが良いでしょう。

費用感としては、ホームページ制作会社のテンプレートを使うのであれば3万円~10万円程度、ホームページの更新などの運用まで任せるのであれば年間5万円~15万円、月額にして5000円~1万円程度がかかります。

ホームページご外注する際も、はじめから多くの費用をかけ立派なホームページを作成しようとするより、少額の費用でトライ&エラーをしていき自分の結婚相談所の特色を出してくのがいいでしょう。

また、更新が止まったホームページは、入会を検討する人にとって「この結婚相談所は活動していないのかな?」と思われてしまいます。業者に作成を頼んでもホームページの更新は怠らないようにすることが重要です。

・ブログを開設するメリット

ホームページと別にブログを開設するメリットは何でしょうか。ブログはネットで公開できる日記風記事で、無料で作成することができます。

ホームページの場合、体裁を良くするためにはノウハウが必要だったり、業者に頼む必要があります。ブログの場合は、無料で利用できるサービスを使って簡単に記事を更新することができます。

結婚相談所のブログを執筆する

このブログに婚活にまつわるお役立ち記事、結婚相談所の活動、所長・カウンセラーの人となりがわかる記事などを掲載していくことで、会員となろうとする人が知りたい情報が集まったブログとなっていきます。入会する前に結婚相談所の雰囲気が自分とマッチするかを重要視する人は多いです。

ここではHPの内容では伝えきれない情報を更新していきましょう。ブログ記事を更新することで、婚活にまつわるキーワードで検索した際に検索結果に表示され、そこからあなたの結婚相談所を知ってもらうこともできます。

ブログを読んでもらってこの結婚相談所にお世話になりたいと思ってもらえれば、問い合わせに誘導し立派な見込顧客となるのです。このブログ記事で反響が良かったものをまとめて今度はホームページに掲載するということもできます。もちろんホームページにブログについてもリンクを乗せておきます。

結婚相談所のブログを多くの人に見てもらい、問い合わせをもらうためには、あなたが書いたブログ記事をインターネットで検索結果に上位表示され見つけてもらわなければなりません(これをSEO対策といいます)。

ただブログ記事を更新するだけでは、検索上位は狙えません。一般的に2000文字程度のブログ記事を3ヶ月~半年毎日更新することが必要と言われています。それにより検索エンジンからいいブログ記事を掲載しているサイトだと認知され検索上位に表示されるようになるのです。

時間と労力が必要な作業といえますね。はじめから検索結果の上位表示にこだわってしまうと、焦りが生じ長続きしなくなってしまいます。まず自分が楽しみながら記事の内容を充実させていくことに注力しましょう。そうすれば自ずと結果はついてきます。

2-3. 個人の人脈を使う

 

結婚相談所の集客に個人の人脈を使う

あなたが結婚相談所を始めるにあたって、見込顧客はいるでしょうか。いくらネットを使った集客が可能になったとはいえ、実際に集客するには時間も労力もかかります。まずはあなたが結婚相談所を開業したことを直接フェイスtoフェイスで伝えられる人脈を活かしましょう。

今までの仕事上の付き合いで知り合った知人、他の仕事と兼業ならばその顧客、友人、親戚まで、ご近所さんまであなたが結婚相談所を始めたことを手当たり次第伝えていく熱意も必要です。その際、HP・ブログのURLを載せた名刺・チラシを配ります。あなたが会ったその人が婚活していなくても、その友人・知人・お子さんが婚活しているかもしれません。

まずはこれが一番お金もかからず、見込が高い集客です。あなたという人柄をしってもらっていて、信頼されているのなら婚活を任せてみようかな、と入会してもらえる確率は高くなります。顔見知りの知人から料金をもらうのは気が引けるかもしれません。ですが、あなたが本当に相手の幸せと良縁を願っているならば、本当にいいサービスを提供する対価として料金をいただきましょう。

成婚に繋がれば、またその会員が新しい会員を紹介してくれる可能性もあります。成婚したカップルからの紹介であれば、実体験から良い結婚相談所と紹介してもらえ会員獲得に結びつきます。そのためにもアフターフォローは欠かさずにしましょう。

2-3. SNSを利用した集客

いまやFacebookInstagramTwitterLINEといったSNSは多くの人に利用されています。このSNSは無料で利用でき、多くのユーザーにアプローチできるので使わない手はありません。

SNSを結婚相談所の集客に使う

特にFacebookは実名登録制で原則的にはひとり1アカウントで信頼できること、利用している年代も30代以上が多く、婚活世代とマッチすることから、結婚相談所の集客におススメのSNSです。

集客方法例:

  • 自分の個人ページから結婚相談所を開業したことを友達に報告・告知、入会を募る
  • 結婚相談所のFacebookページを作成、サービス内容の案内、活動内容、ブログ記事更新の告知、イベントの企画告知に使う
  • 「独身・既婚・交際中」などのステータスも登録できるので、独身ステータスのユーザーに向けて広告を打つ(有料サービス・本記事3-2参照)

3. 予算を組み広告で集客する

ここからは結婚相談所の会員も増え運営も軌道に乗ってきたので、そろそろ予算を出して広告を出して集客をしてみようという方向けの方法です。

3-1. インターネット広告を出す

結婚相談所の集客にリスティング広告を使う

2章ではHP・ブログ・SNSなどの無料(少ない投資)でできるネット集客をご紹介しました。

ただ、これらのツールを作ってもなかなか集客できないという声も聞きます。SEO対策で結果を出すには時間と労力がかかります。

すぐに反響や結果がでるネット集客をするには、あなたの結婚相談所のリスティング広告を出してみましょう。インターネット広告の中でも少額で最も効果が高いのはリスティング広告です。

リスティング広告とは、GoogleYahoo!でキーワードを検索すると検索結果の上位に表示される広告のことです。リスティング広告は入札形式になっています。

リスティング広告の表示例

ここまで出していいという広告費用を設定しておき、検索結果で表示される際に単価が高い設定の広告が上位に表示されるのです。広告が1回クリックされるとそこで設定した広告費用が課金される仕組みです。

「結婚相談所」など1ヶ月に検索される回数が4万回もあるビッグキーワードは当然単価が高くなります。このキーワードではだいたい1クリックあたりの単価が700円~1600円(20194月現在)されています。

あなたの広告にかけられる予算はいくらでしょうか。月3万円だとしたら数十回のクリックで終了してしまいます。もうちょっと検索キーワードを狭めて「結婚相談所 地域名」「婚活サービス 料金」「婚活 服装」などというキーワードであれば、300円以下の単価で広告を出すこともできます。キーワードを狭めれば、あなたが広告を表示させたい見込顧客に広告をだせるというメリットもあります。

さらにこのリスティング広告は予算を使い切れば広告掲載が終了するので、予算内で広告を出すことができます。

・リスティング広告を出す方法

さてリスティング広告を出したい場合どのようにすればいいのでしょうか?リスティング広告理解のためにも、広告に出せる価格が5万円以下なら自分で広告文を考えて出稿してみましょう。それが難しい場合、1ヶ月5万円から広告を代行してくれる代理店があります。

Google広告

Yahoo!プロモーション広告

少額でのインターネット広告はうまく利用しないと、あっという間に広告予算を使ってしまいます。あまり予算をかけられない時こそ、むしろインターネット広告は専門業者にまかせてみるのも手です。そして自分は事業に専念するのがいいでしょう。

・リスティング広告のコツ

結婚相談所の集客にリスティング広告をだす際のヒント

リスティング広告予算が少ない場合は以下のことに留意することがポイントです

  1. 検索語句を地域を絞る
  2. 確実にお問合せの獲得できるキーワードを入れる
  3. 帰省時期等、結婚相談所への問い合わせが増える時期にだけ広告を増やす
  4. 広告をクリックした後のページの電話番号を目立つようにする
  5. 電話計測し、広告の効率化に役立てる

問い合わせの多いキーワードの例としては以下のようなものをが挙げられます。

■「地域名」を含むキーワード
結婚相談所 +地域名
結婚紹介所 +地域名
婚活パーティー +地域名

■「職業別」キーワード
医師 結婚相談所
医者 婚活
公務員 結婚相談所

■「年代別」キーワード
中高年 結婚相談所
●●代 結婚相談所
●●歳 婚活

下記のグラフの様に、他の業種と比べてブライダル関連の業種では電話での問い合わせが多い傾向にあります。

結婚相談所の広告からお問い合わせが入る比率は電話6割、オンライン4割となっています。広告には電話番号を目立たせましょう。

結婚相談所の電話でのお問合せ比率のグラフ
業種別 電話お問合せ比率(当社調べ)

リスティング広告を委託する際には、よく獲得できるキーワードを知っている結婚相談所の経験がある代理店を選ぶのがいいでしょう。

また 電話計測もできる代理店なら、電話問合せを増やすキーワードを見つけることができるのでさらに安心です。

3-2. Facebook広告を利用する

結婚相談所の集客にフェイスブック広告を使う

Facebook実名登録制で個人情報が多く登録されています。2章でも触れましたが、交際ステータスを登録する項目があるので「未婚」のステータスの人に向けて広告を出すことも可能、されにあなたが獲得したい年代や性別、地域に住むユーザーを狙って効果的に広告を出すことができます。

広告から自分の結婚相談所のホームぺージに誘導したり、スマホの位置情報から結婚相談所の近隣にいる人をターゲットに広告を表示、ワンクリックで電話やメールでの問い合わせを受けることも可能です。

Facebook広告(ビジネス)

3-3. フリーペーパーへの広告掲載やポスティングをする

フリーペーパーに広告を出す

従来からのアナログな紙媒体による、広告の利用も考えてみましょう。ネット利用の比重が高い現在ですが、地域性が高い個人の結婚相談所相談所ではまだ集客を見込める方法でもあります。

掲載費用が高い上、毎朝夕配達される新聞よりも、地域密着型のフリーペーパーは、クーポンの掲載も多くじっくり読まれる傾向があります。

同じ地元での結婚相手を望む会員が多い結婚相談所では近隣地域へのポスティングも集客への一つの手と言えます。


4. イベントを企画して集客する

結婚相談所の集客に婚活パーティーを開く

少しずつ会員が増えてきたら会場を借りての婚活相談会や婚活パーティを開催することも考えてみましょう。最近ではわが子の結婚を案ずる親向けの婚活相談やセミナーも盛況です。

パーティの告知をHP・ブログ・SNS・広告などで行い集客を行います。実際会費を取ってパーティ会場にくる人は婚活に意欲的です。結婚相談所入会の見込みが高いと言えます。また会場で個別に話をすることで勧誘をしやすいという利点もあります。

ただ参加者同士で会場で連絡先交換をし、後からカップル成立となってしまうと、結婚相談所を通じた「成婚」とならなくなります。

連絡先交換は結婚相談所を通じてのみ、アフターフォローを含めて入会を勧めるなどしっかり行いましょう。


まとめ

今回の記事では、結婚相談所の集客方法について解説してきました。

結婚相談所を開業した当初はなるべく初期投資を抑えた方法を、会員が増えさらに費用をかけて集客する方法を紹介しています。結婚相談所の本業としてビジネスを拡大したい方から、副業として自分のペースで続けたい方までいらっしゃると思います。

それぞれの自分の予算や掛けられる時間、労力によって集客方法を考えて実践していきましょう。もちろん初めからうまくいかないことも多いです。それでも集客方法を振り返り、改善しすることで多くの会員を集められるようステップアップすることが可能です。

あなたが経験を積み多くの会員が集まれば、それだけ多くの人が成婚できるということ・・・それはあなたの結婚相談所を通じて多くの人を結婚で幸せにできるということです。あきらめずに集客活動を続けていきましょう!

リスティング広告 月々10万円~

リスティング広告費 10万円/月からの少額運用が可能!

さらに

・電話からのお問合せ件数の計測
・電話からのお問合せの際の通話録音
・リアルタイムに確認できるオンラインレポート も

お気軽にリーチローカル・ジャパンまでお問い合わせください。
通話無料:
0800-805-6311

(平日10:00〜19:00/通話料無料)