Instagramで検索履歴を消す方法|検索履歴の疑問も徹底解説

インスタグラム(Instagram)で検索すると、「ハッシュタグ」や「人物」、「スポット」などすべての履歴が検索履歴として残ります。
再度同じワードを検索したいときには大変便利なのですが、時には検索履歴を残したくないことも。

例えば、
自分のスマホを家族や友人、彼女に覗かれた場合
ちょっとエッチな内容を検索をして、履歴を残しておくのになんとなくうしろめたさがある場合
など、様々な事情で履歴を消したい場合もあるでしょう。

そこで本記事では、Instagramの検索履歴を削除する方法や、検索履歴に関する情報について、徹底的に解説していきます。

※本記事のスクリーンショットや公式ヘルプページ情報は、2018年11月時点のものです。今後のアップデートにより、画面が異なる可能性があります。

1.Instagramの検索履歴は削除できる

インスタグラム(Instagram)で検索履歴を削除することです!!

しかし現在、検索した履歴を残さないようにする初期設定ないので、消したいときに、その都度削除する方法で対応していきましょう。

※今後アップデートをしていくにあたり、検索履歴の非表示機能が加わる可能性は充分ありますが、現在は例外なく検索履歴が表示される仕様となっています。

💡検索履歴が残るタイミング

「検索履歴は例外なく残る」とは言え、どのタイミングで履歴は残るのかと言う点は非常に重要でしょう。

上記は検索窓にワードを入力し、候補が表示されている状態です。ここの段階で止めておくと、検索履歴に記録は残りません。

候補から対象ワードを選択し、ユーザーやハッシュタグのページに移動した状態です。ここではじめて、検索履歴に記録されるのです。

「ハッシュタグ」や「人物」、「スポット」いずれの場合も、詳細ページに移動しなければ履歴には残らないという点を覚えておくと良いでしょう。

💡検索履歴が保存される件数は最大34件

検索履歴は

  • ピープル…最大14
  • タグ…最大15
  • スポット…最大5件

以上は保存されないという点もポイントです。

「ピープル(人物)」「タグ」「スポット」それぞれの最大件数を足した34件以上は、上書き保存される形で古いものから消えていきます。

2.Instagramの検索履歴をきれいに削除する方法2パターン

インスタグラム(Instagram)で検索履歴を削除する方法は2種類に分かれます。

2-1.  検索履歴を一括で消去する
2-2.  検索履歴の一部(おすすめ)を非表示にする

2-1.は設定画面からまとめて全削除する方法。2-2は検索履歴を1個ずつ個別非表示にする方法です。では見ていきましょう。

2‐1. 検索履歴を一括で消去する

Instagramでは、すべての検索履歴を一括で削除できます。

手順は以下になります。

1. プロフィールアイコン(マイページ)を開く
2. 右上にある「≡」をタップ
3. 下部に表示されている「設定」をタップ

4.「設定」の中にある 「検索履歴」を選択する
5. 「検索履歴をクリア」をタップ

これで検索履歴をまとめて完全に消去することができました。

2‐2.検索履歴の一部(おすすめ)を非表示にする

検索履歴の中にある「おすすめ」は、検索画面横の「×」を押すと非表示することが可能です。

この「×」ボタンは、検索画面上位に表示される「おすすめ」ユーザのみに表示されますが、検索履歴には表示されません。
検索履歴を消去したい場合は、2‐1. 検索履歴を一括で消去する で対応する必要があります。(検索履歴を個別で消去する方法は、現在の仕様では不可能です)

この長押しによる非表示機能、
検索履歴を非表示にする機能というよりは、Instagramが選んだ「おすすめ」を非表示にする機能だといえるでしょう。

しかし、Instagramが選んだ「おすすめ」は検索履歴の一部が反映されているため、検索履歴を削除できる機能としての側面もあるということです。

2‐3. “ログアウトした”時に検索履歴が勝手に削除される

インスタグラム(Instagram)で検索履歴が自動的に削除される場合もあります。
それがInstagramをログアウトしたときです。

たくさんの検索履歴が残っていますが、一度ログアウト⇨再ログインしてみると、検索履歴が表示されませんでした。

一度ログアウトすると過去の検索履歴が削除されるようになっています。

💡スマホを再起動したときは削除されない

スマホの電源を再起動して確認すると、検索履歴はしっかりと残ってました。電源のONOFFでは検索履歴が消える事はありません。

💡アプリの再起動をしたときは削除されない

アプリを終了させたあと、再起動して確認すると(タスクで起動しているアプリも完全終了したので、裏でアプリが動いているという状態もなし)検索履歴はしっかりと残ってました。アプリを閉じて再起動しても検索履歴が消えるという事はありません。

3.Instagramで検索したことは相手にバレない

インスタグラム(Instagram)で写真やプロフィール検索をすると

「履歴に足跡がつくのか不安」
「ユーザー検索は相手にバレる」など心配する人が多いようです。

相手に自分が閲覧したことが分かるのか、その履歴が残るのは、以下のいずれかをした場合です。

  • ストーリーの閲覧
  • ダイレクトメッセージの閲覧
  • 消えるダイレクトメッセージ(写真・動画)の閲覧
  • 消えるダイレクトメッセージ(写真・動画)のスクリーンショット撮影
  • ライブ動画の視聴
  • 投稿へのコメント/いいね

ですので、「検索窓から検索をした場合」や「写真の投稿を見た場合」や「プロフィールを見た場合」などは相手にはバレません。
「検索した事実」を相手に知られる可能性上記の行動を起こさない限り0%でしょう。

Instagramの足跡や閲覧記録については、下記の記事で詳しく説明していますので合わせてご覧ください。

インスタ別アカウントの作り方!バレないための6つのポイントも解説

4.まとめ

今回は、インスタグラム(Instagram)の検索履歴を削除する方法や、検索履歴に関する情報について解説してきました。

ポイントは

  • 検索履歴を削除するには「一括で消去する」「検索履歴の一部を非表示」方法の2パターンがある
  • “ログアウトした”時のみ検索履歴が勝手に削除される
  • Instagramで検索したことが相手にバレることはほぼない

です。もし、検索履歴をどうしても消さなければいけない時は、是非本記事を参考にしてくださいね!