長文派におすすめ!Facebookのノート機能を知っていますか?

ノート機能を使おう

Facebookで長文を投稿(シェア)すると、だらだらと長くて読みにくいと感じたことはありませんか?

そんなときに便利なのが、Facebookの投稿をブログのように書ける、「ノート」です。

通常の投稿ではできない、カバー画像の設定や文字の大きさの変更ができたり、画像を文章中に入れたり、ちょっと読み応えのある投稿を作成したい時に役立つ機能です。

本記事では、この「ノート」機能についてご紹介いたします。

読んだ後に使ってみたくなること間違いなしです。

※本記事のスクリーンショットやページ情報は、2019年6月時点のものです。今後のアップデートにより、画面が異なる可能性があります。

1.「ノート」の特徴

Facebookは他のSNSに比べて機能が多く、「ノート」の機能に気づいていない人も多いのでは。

下の画像は、通常投稿とノートを並べたものです。

ノートと通常投稿の違い

このように、普通の投稿(シェア)とは表示のされ方が違います。

少し違うだけで目を引くし、タイトルでぱっと内容が分かりやすく、読んでもらいやすいですよね。

それではノート機能の特徴をご紹介いたします。

1-1.長文をまとめるのに便利な機能

文字数に制限はありません。

ブログのように、カバー画像やタイトルをつけたり、写真を途中に入れたりできますので、長い文章でも飽きずに読んでもらえる工夫をすることができます。

投稿にもかなり長い文章を入力して投稿できますが、ノートをタイムラインにシェアする方法のほうが、読んでもらえる確率が高くなります。

1-2.まとめて見返せて便利

ノートはノートだけでまとめてストックされているので、通常の投稿のようにタイムラインに埋もれてしまい、あとで探すのが難しいといったことにはなりません。

1-3.文字に装飾ができる

Facebookの通常の投稿ではできない、文字の大きさを変えたり、太字や斜体にしたりができます。

文字の装飾

1-4.ノートにコメント・シェアも可能

ノートにコメントをつけたり、いいね!をすることができるようになっています。

他人や自分のノートを、タイムラインやページなどでシェアすることもできます。

シェアについては一般の投稿と同じです。

公開範囲によってはシェアできない場合もありますので、ご注意ください。

シェアの場所

シェアについて詳しく知りたい方はTENJUKU掲載の記事をご覧ください。

Facebookはシェア(共有)を正しく理解して、使いこなす!

1-5.スマホでも閲覧可

PCからだけでなく、スマホアプリから閲覧できます。また、文章の投稿が可能です。

ただし、画像を載せることや文字の装飾はできません。

2.PCからノートをまとめて見る方法

それではPCブラウザで、Facebookの「ノート」を見る方法をご説明します。

2-1.自分の友達のノートを見る

Facebookのホーム(ニュースフィード)の左側のメニューの中にある「ノート」をクリックします。

PCでノートを見る方法

あなたの友達の投稿した「ノート」を、ここでまとめて見ることができます。

友達の公開したノートがまとめて見られます

2-2.Facebookページのノートを見る

企業や団体などの、Facebookページのノートを閲覧したい場合は、ホームの左側のメニューから[ノート]をクリックし、見ることができます。

PCでFacebookページのノートを見る方法

2-3.個人のノートを見る

特定の個人のノートを閲覧したい場合、その人のホーム>[その他]>[ノート]という項目があるのでここをクリックします。

PCで個人のノートを見る

または、[基本データ]をスクロールしていくと[ノート]が現れます。

下にスクロールすると現れます

ノートセクションが現れなかった場合は、この人に関連するノートがない、または公開されていないということです。

3.スマホからノートをまとめて見る方法

スマホからの場合を説明します。

3-1.自分の友達のノートを見る

フィードの右上にある虫メガネのマークをタップします。

検索バーが表示されるので、「ノート」と入力してください。

[Facebookショートカット]という部分をタップします。

スマホから他人のノートを見る方法

あなたの友達に関するノートが、ここから閲覧できます。

スマホから見たノート

3-2.Facebookページのノートを見る

ノートが見たい、Facebookページのホームを表示します。

情報欄のすぐ上に[ノート]のタブ(下の画像の枠内)があるのでタップすると、見ることができます。

Facebookページのノートタブをクリック
FacebookさんのFacebookページです

3-3.個人のノートを見る

ノートを見たい人のホームを表示させましょう。

「○○さんの基本データを見る」をタップし、基本データの画面を下にスクロールしていきます。

スマホから個人のノートを見る方法

[基本データ]>[ノート]から、個人の書いたノートと、その人に関するノートが閲覧できます。

スマホから個人のノートを見る方法

4.ノート作成画面を表示させる方法

ここでは、PCブラウザからの方法をご説明します。

PCブラウザからであれば、ノートは個人のFacebookアカウントからでも、企業などのFacebookページアカウントからでも作成することができます。

個人アカウントからの場合は、スマホからの投稿もできます。しかし、アイキャッチ画像を設定したり、文字に装飾を施したりはできません。

では、アカウントの種類別に作成画面の表示方法について、ご説明します。

4-1.個人アカウントの場合

自分のホーム画面の[その他]>[ノート]を選択します。

個人アカウントからノート作成画面を表示する

ノート一覧が表示されますので、右上にある[ノートを追加]をクリックします。

ノートを追加をクリック

以下の画像のような画面が表示されたら、作成の準備は完了です。

作成画面

4-2.Facebookページのアカウントの場合

Facebookページを表示します。

管理しているページが複数ある場合、ノートを作成したいものを選びます。

左側の[ショートカット]の中から、または、検索バーと同じ並びにある右端の▽をクリックして、ページを選んでください。

Facebookページを選ぶ

Facebookページが表示されたら、左側の[さらに表示]をクリックします。

さらに表示をクリック

[ノート]が出てくるので、こちらをクリックしましょう。

[ノートを追加]をクリックすると、ノートの作成画面が開きます。

ノートが出てくるのでクリック

これで、Facebookページでのノート作成の準備は完了です。

Facebookページの作成画面

 

タブに[ノート]がない場合

Facebookページの場合、タブに[ノート]が存在しない場合があります。

個人アカウントとは違って、テンプレートを選択して、左側のタブに何を表示させるのかを選ぶことができるからです。

[ノート]がない場合、タブを追加する作業が必要ですので、その手順を説明します。

まず、画面の上部にある[設定]をクリックします。

タブがない場合、タブを追加する必要があります

つぎに、[テンプレートとタグ]をクリックします。

テンプレートとタグをクリック

自分のFacebookページが、どのテンプレートが適用されているのかを確認しましょう。

テンプレートを確認

[標準]であることが分かりました。

Facebookページではテンプレートを変更することができます。

テンプレートは10種類あり、変更することでテーマに応じたタブが自動的に選択され、表示順も勝手に決めてくれます。

「政治家」のテンプレートを選択した場合しか、ノートタブが自動で追加されませんので、自分でタブを追加しましょう。

「Video Page」以外のテンプレートであれば、自分でノートタブを追加することができます。

もし、テンプレートが「Video Page」だったなら、それ以外のテンプレートに変更しておいてください。

今現在、表示されているタブの一覧が確認できます。

今現在のタブ

[タブを追加]をクリックします。

タブを追加をクリック

追加できるタブが表示されますので、ノートの[タブを追加]をクリックしましょう。

ノートのタブを追加をクリック

再び一覧を見ると、[ノート]が追加されたことが確認できます。

一覧にノートが追加されている

表示順を変更することもできます。

移動したいタブを、好みの位置までドラッグしてください。

タブの位置を変更する

これでノートタブが追加できました。

タブの追加完了

あとの手順は、4-2.Facebookページのアカウントの場合でご説明した通りです。

タブを非表示にしたい時は、[設定]>[オフ]>[保存する]で簡単に非表示にすることができます。

タブを非表示にしたい時

5.ノートの作り方

作成画面にたどりついたら、実際にノートを作ってみましょう。

個人アカウント、Facebookページのアカウント、どちらの場合も手順は同じです。

5-1.カバー画像の設定

[ドラッグまたはクリックして写真を追加してください]というところから、設定します。

作成画面

グレーの部分をクリックしたとき、一覧で表示されているのは、自分が過去にFacebookで投稿(シェア)した画像です。

[新しい写真をアップロード]から、違う画像を選択することができます。

新しい画像はここから

画像をドラッグして、表示させたい位置の調節も可能です。

位置をずらすことができます

カバー画像の設定は、必須ではありません。

カバー画像を設定せずに、ノートを投稿することもできます。

5-2.タイトルを入力する

カバー画像の下に[タイトル]の部分にタイトルを入力します。

タイトルを入力する

全角、半角共に128文字まで入力できます。

文字数制限

タイトルは斜体にしたり、太字にしたりといった文字装飾はできません。

5-3.本文を書く

[テキストを入力する]から本文を書いていきます。

文字数の制限はありませんので、どんな長い文章でも書けます。

本文を入力する

文字の大きさを変える

本文では、文字の大きさを3種類の中から選ぶことができます。

文字の大きさを変えるボタンをクリック>[H1]か[H2]を選んでクリックすると、文字の大きさを変更することができます。

H1かH2を選ぶ

文字の大きさの違いは、以下の画像の通りです。

文字の多きさ例

文字に装飾をする

文字を太字・斜体にしたり、コード・リンクを挿入することもできます。

文字の装飾

H1、またはH2を選択して文字の大きさの変更後、さらに文字を装飾することも可能です。

大きさの変更と装飾は同時に可能

画像を載せる

プラスマークをクリックすると、本文中に画像を載せることができます

写真を載せるか、埋め込むかの選択ができます。

画像を入れる手段の選択[写真]を選択した場合、写真が一覧で表示されるのでその中から選択する、もしくは[新しい写真をアップロード]から、画像を選択します。

カバー画像を設定する時と同じ手順ですね。

新しい画像はここから

[写真]の場合、載せる位置と画像の大きさを変えることができます。

写真の場合は位置を変更できる
位置は左寄せ、中央揃え、右寄せから選べます

[埋め込み]を選択すると、下の画像のような画面になります。

URLをバーに入力して埋め込みます。

埋め込みの方法埋め込み可能なメディアは、以下の通りです。

  • Facebook
  • Giphy
  • Instagram
  • SoundCloud
  • Twitter
  • Vimeo
  • Vine
  • YouTube

 

以下の画像は、Instagramを埋め込んだ例です。

Instagramを埋め込んだ場合

「プロフィールを見る」や、「Instagramでもっと見る」がクリックできるようになっていて、Instagramに遷移することができます。

埋め込んだ場合は、写真の大きさや位置は変更できません。

 

いろいろ工夫してみよう
工夫してオリジナルのノートを作ってみましょう

6.公開範囲は自由に選べる

完成したノートを公開して、編集が終了です。

公開する範囲は、ノートを公開するごとに選ぶことができます。

公開する際に公開範囲を選ぶ
[自分のみ]を選択して、日記代わりにしてもいいですね

住んでいる地域や、出身校などのグループの友達に限定して、公開することもできます。

自分のプロフィールで居住地や学校などを設定している場合に出てくる項目です。

地域限定の情報を公開する場合に選択すると良いでしょう。

公開時に選べる公開範囲

その地域で、Facebookのアカウントを持っている人全員に、公開されるわけではありませんので、ご安心ください。

7.ノートの編集・削除方法

一度公開したノートを、後から編集したり、削除することもできます。

7-1.編集方法

ホーム画面の[その他]>[ノート] と進み、ノートの一覧を表示させます。

編集したいものをクリックしましょう。

ノートを選んでクリックする

右上の[ノートを編集]をクリックします。

ノートを編集する方法

編集したい部分を編集し、作業が終わったら[更新する]をクリックします。

[ノートが公開されました]と表示されれば、完了です。

編集完了画面

 

7-2.削除方法

自分が公開したノートの削除もできます。

ホーム画面の[その他]>ノート と進み、ノートの一覧を表示させます。

削除したいものをクリックしましょう。

右上の[ノートを編集]をクリックします。

ノートを編集する方法

左下の[削除]をクリック、最終確認がされるので[承認]をクリックします。

削除する方法

これで削除完了です。

一度削除したものを、元に戻すことはできません。

8.まとめ

本記事ではfacebookの機能の一つ、「ノート」についてご紹介いたしました。

公開範囲を自分だけにして日記代わりにしたり、旅行などの思い出を書いて一緒に行った友達にシェアするのもおすすめです。

お店の経営者ならブログのような感覚で文章を書いたり、メニューや商品の開発秘話などを書いて、お客様に思いを伝えるツールとして活用してみてはいかがでしょうか。

ノート活用例
金沢出身の著名人や、金沢で活動する団体、イベントなどを紹介するページとして活用されています。

出典元:金沢情報

本記事があなたのお役に立てば幸いです。