Googleマイビジネスの情報削除でマップの店舗情報をきれいにする方法

Googleマイビジネスで店舗情報を削除する

はじめに

Googleマップは地図だけでなく、表示されている店舗情報も見られます。

さらにユーザーから投稿されたコメントや写真も見られるので、「食べログ」や「ぐるなび」のようなクチコミサイトでもあります。

しかし、Googleによって作成された紛らわしい店舗情報やユーザーからの投稿は削除したいと思うこともあるでしょう。

この記事ではGoogleマイビジネスで不要な店舗情報を削除し、きれいにする方法を説明します。

※本記事のスクリーンショットや公式ヘルプページ情報は、20192月時点のPC版です。今後のアップデートにより、画面が異なる可能性があります。


1. クチコミの削除はGoogleに依頼

まず、皆様お困りの、投稿されたクチコミ・写真の削除方法を説明してから、店舗情報そのものの削除・整理の仕方を教えます。

Googleマップに投稿されたユーザーからのクチコミは、お店の担当者で直接 削除や非表示にすることはできません。

削除したい場合はGoogleに依頼します。

以下の2つの方法で削除依頼することができます。

  • Googleマイビジネスから削除依頼する
  • Googleマップから削除依頼する

1-1. Googleマイビジネスから削除依頼する

Googleマイビジネスを利用してGoogleに削除依頼をします。

Googleマイビジネスから削除依頼する方法

  1. Googleマイビジネスにログイン
  2. 店舗情報(ビジネス情報)のトップページにアクセス
  3. 左ナビの「クチコミ」をクリック
  4. 削除したいクチコミの右上の点をクリック(縦に3つ並ぶ点)
  5. 「不正なクチコミとして報告」をクリック

「不正なクチコミとして報告」をクリック

削除の4つの注意

  • 対応には時間がかかる場合がある
  • 同じクチコミに対して何度も削除依頼するのはNG
  • 削除はGoogleのコンテンツポリシーに違反しているものだけ
  • 否定的なクチコミでもコンテンツポリシーに違反していなければ削除されない

1-2. Googleマップから削除依頼する

この方法ではGoogleマイビジネスにログインする必要はありません。

第三者がコメントの削除を報告するのと同じ方法で行います。

注意点としては、削除依頼する際にはご自分のメールアドレスの記入が必要です。

Googleマップから削除依頼する方法

  1. Googleマップでお店を検索、左の一覧からお店を選択し、一覧の右で枠内の店舗情報(Google用語の「ナレッジパネル」)を表示
  2. クチコミ欄で「すべてのGoogleの口コミを見る」をクリック
  3. 該当するクチコミの星マークの左隣りにカーソルを当てると、薄いグレーの旗アイコンが表示されるので、その旗をクリック
  4. メールアドレスを記入して、違反の種類を選択し、送信ボタンをクリックして、完了です。

削除が認定されたら、クチコミを修正することができます。表示されている電話番号やURL等を修正することができます。修正後にクチコミは、自動的に再公開されます。

1-3. コメントを削除できない時の対策

否定的なクチコミを削除することが困難な場合があります。しかし、ネガティブなイメージを緩和させる方法があります。

2つの手法をご紹介します。

  • 丁寧に返信する
  • いいクチコミを増やす

丁寧に返信する

ネガティブなクチコミを削除することができなくても、返信で丁寧な対応を見せることで、ネガティブなイメージをやわらげ、他のユーザーからよいイメージを得ることも可能です。

個別の対応が必要なときには、クチコミの返答ではなく、直接 投稿者にご連絡を取りましょう。

投稿者がわからないときには、クチコミの返信で「ご対応させていただきたいので 弊社に直接 お問合せフォームよりご連絡先を落ち教えてただけないでしょうか」と返信してみるのも1つのやり方です。

いいクチコミを増やす

いいクチコミが増えれば、多少ネガティブなクチコミがあっても、ユーザーはいいクチコミの意見を重視するようになるでしょう。

Googleマップでクチコミしてください」と店舗、ホームページ、SNS等で告知するのも、クチコミを増やす一つの方法です。

注意事項としては、クチコミの強要やクチコミに対する謝礼としての金品を渡すことは原則禁じられています。「よかったらGoogleマップでクチコミをよろしくおねがいします。」と派手ではありませんが、伝えることも重要です。

クチコミ促進のキャンペーンを行う場合は、「ユーザーからの率直な意見を取り入れ、業務改善に取り組みます」「お客様満足度を上げるため、口コミ募集をしています」といった目的で、公平性・公益性のある口コミを募集することが目的であるとしてキャンペーンを行えば上記の禁止事項には当たりません。

参考)最終手段:裁判所に削除の仮処分を申し立てる

悪質にもかかわらず、Googleが削除対応しない場合は、裁判所に削除の仮処分を申し立てることも可能です。

仮処分が認められ、Googleが削除した事例もあります。

参考)「千葉地裁、Googleマップからネガティブなレビューの削除を命じる仮処分決定」

しかし、これは最終手段であって、あまり行われていないようです。


2. 写真の削除もGoogleに依頼

Googleマップでは、クチコミと同様にユーザーは写真投稿ができます。

ユーザーから投稿された写真はクチコミ同様 自分では削除できませんが、Googleに削除依頼することで削除が可能です。

Googleが削除するかどうかの判断基準は、クチコミ同様「マップユーザーの投稿コンテンツに関するポリシー」に違反しているかどうかです。

以下の2つの方法で削除依頼することができます。

  • Googleマイビジネスから削除依頼する
  • Googleマップから削除依頼をする

2-1. Googleマイビジネスから削除依頼する

  1. Googleマイビジネスにログイン
  2. 店舗情報(ビジネス情報)のトップページにアクセス
  3. 左ナビの「写真」をクリック
  4. 写真の上のタブメニューで「ユーザー撮影」をクリック
  5. 削除したい写真を表示しクリック

削除したい写真を表示しクリック

  1. 削除したい写真の右上の旗アイコンをクリック
  2. 理由を選択し、メールアドレスを記入し、「私はロボットではありません」にチェックして、送信ボタンをクリックして完了です。

理由を選択し送信ボタンをクリック

後はGoogleの審査を待ちます。認められれば削除されます。

2-2. Googleマップから削除依頼をする

この方法ではGoogleマイビジネスにログインする必要はありません。

第三者が写真の削除を報告するのと同じ方法を使います。

注意点としては、削除依頼する際には、あなたのメールアドレスを記入する必要があります。

削除依頼の方法

Googleマップでお店を検索。左の一覧からお店を選択し、一覧の右に表示される枠で囲まれた店舗情報(Google用語の「ナレッジパネル」)を表示

  1. 「写真を表示」と記載している一番上の写真をクリックですべての写真の一覧を表示
  2. 一覧から削除したい写真を選択
  3. 右に表示された写真の右上の旗アイコンをクリック

    写真の右上の旗アイコンをクリック

  4. 問題点を選択し、「Report」をクリックして完了です。(その後メッセージ等は表示されません。)

問題点を選択し、「Report」をクリック

認定されたら、写真は削除されます。

2-3. 投稿写真を削除できない時の対策

削除申請した写真が よほどひどいものでない限り、Googleが承認することはありません。

削除されない時の対処方法としては、オーナー(ご自身)で良質な写真を多く投稿することが、簡単な方法です。

また、お店の状態がよければ、クチコミと同様 ユーザーに写真の投稿を呼びかけるのも一つの対策です。

良い投稿が増えれば、悪い投稿のインパクトが薄まります。


3. クチコミと投稿写真の削除基準

Googleは、「マップユーザーの投稿コンテンツに関するポリシー」の中の「禁止および制限されているコンテンツ」を基に削除の判断をします。

3-1. Googleのコンテンツ規定

「禁止および制限されているコンテンツ」の規定

  1. スパムと虚偽のコンテンツ
  2. 関連性の無いコンテンツ
  3. 制限されているコンテンツ
  4. 違法なコンテンツ
  5. 露骨な性的コンテンツ
  6. 不適切なコンテンツ
  7. 悪意のある表現
  8. 嫌がらせまたはいじめ
  9. なりすまし
  10. 利害に関する問題

 3-2. 把握しておきたい5つの項目

削除の判断基準として上記の10の規定のうち、下記の5つの項目がよく使われるので、内容を把握しておきましょう。

  1. スパムと虚偽のコンテンツ
    意図的に評価を落とすようなコンテンツ、事実に反するコンテンツ、何度も同じ投稿をされたクチコミ、複数のアカウント使い分けての投稿されたコンテンツが、これにあたります。
  1. 関連性の無いコンテンツ
    店舗に関係ない投稿や店舗に関係ない個人的な不満が該当します。
  1. 不適切なコンテンツ
    わいせつな投稿や社会的に不適切な表現がこれに該当します。
  1. 悪意のある表現
    差別を助長するような投稿や他人に対する嫌がらせの投稿がこれにあたります。
  1. 利害に関する問題
    社員や元社員が嫌がらせで不満を投稿や競合の店舗情報に否定的なコメントを残す行為が該当します。

※ 自分で自分の店舗情報にいいコメントすることも、第三者から通報を受け削除の対象になる場合があります。


4. Google によって変更された情報の削除

Googleは店舗のホームページやユーザーからの報告等を利用し、店舗情報(ビジネス情報)をオーナーの確認なしに更新します。

オーナーになる前でも、オーナーになった後でも店舗情報を自動で更新します。

自動更新の情報を削除・変更するためにはGoogleマイビジネスで「Google による変更を破棄」する作業をします。

4-1. Google による変更」を確認する方法

Googleによって変更された店舗情報(ビジネス情報)は、自分で承認、却下、編集できます。

Googleによって変更された情報は、Googleマイビジネス内では、以下の様に表示されます。

  • 黄色と灰色: Google が追加したデータ(黄色)と削除したデータ(灰色)
  • : Google が削除したデータ
  • : Google による変更なし

Googleによって変更された情報

参照)Google マイ ビジネス の登録内容が自動的に変更された場合の対応法」

4-2. 複数店舗の情報変更を破棄する方法

複数のお店の店舗情報(ビジネス情報)について、「Googleによる変更」を承認したり、変更を破棄したりする機能があります。

方法

  1. Googleマイビジネスにログイン
  2. ビジネス情報を管理>ビジネス情報(店舗)を選択
  3. 選択すると右上の青いボタン「ビジネス情報を追加」から白いボタン「操作数」にかわります。
  4. 「操作数」のボタンをクリック、ドロップボックスから「Googleによる変更」欄にある「破棄」をクリック
  5. 下記の画面から破棄したいものにチェックをして「破棄」をクリックして完了です。

破棄したいものにチェックをして「破棄」をクリック

※破棄したくないものについてはチェックを外して「破棄」をクリック

破棄したくないものについてはチェックを外す


5. 店舗情報の削除方法と注意点

この章では店舗情報の削除の方法を説明します。

しかし、店舗情報を削除しないほうが良い場合もあるので、削除の前に次の章も読んでおきましょう。

※ Google用語では、店舗情報のことを「ビジネス情報」や「リスティング」という場合があるのでこの機会に覚えておくと便利です。

5-1. 自分が更新した店舗情報を削除する

自分がオーナーになって更新した店舗情報は削除できます。その方法を説明します。

注意点としては、店舗の名前や住所等基礎情報は自分では削除できない場合があります。

店舗の名前や住所等の基礎情報も削除して、完全に店舗情報を削除するためには、次の項目の「店舗の基本情報も全て削除する」をお読みください。

更新した店舗情報の削除方法

  1. Google マイビジネスにログイン
    注意:複数Googleアカウント(Gmailアドレス)をお持ちの場合は該当するアカウントでログイン
  1. 「ビジネス情報を管理」の画面にアクセス
    ※ログインしてすぐに店舗情報トップになっている場合
    左メニュー>ビジネス情報を管理 を選択
  1. ビジネス情報の枠でビジネスを選択
    1店舗の場合は一つしか表示されません。
    右上の青いボタンが「ビジネス情報を追加」から「操作数」という白いボタンにかわります。
  1. 操作数のドロップボックスから「ビジネス情報を削除」を選択
  1. ポップアップした画面で削除をクリック

削除に際しての注意

これで完了です。

削除に際しての注意

上記のスクリーンショットの記載内容

  • 一部のビジネス情報(名前や住所など)は、Google マップや Google 検索などの Google サービスには引き続き表示されます
  • ビジネス情報用に公開したあらゆる Google マイビジネスのコンテンツ(ウェブサイト、投稿、写真、動画など)が削除されます
  • 関連付けられている Google広告が無効になります
  • ビジネス情報を管理する他のユーザーもビジネス情報にアクセスできなくなります
  • 削除したビジネス情報のデータは復元できません

よくある質問

ビジネス情報を削除しても、ご自身のGoogleアカウント(Gmail等)は削除されるかという質問がありますが、Googleアカウントは削除されません。

5-2. 店舗の基本情報も全て削除する

上記の削除をしても一部のビジネス情報(名前や住所など)は、Google マップや Google 検索などの Google サービスには引き続き表示されます。

完全に店舗情報を削除するためには以下の作業が必要です。

全て削除する方法

  1. Googleマップで該当店舗情報を表示
    ※Googleマイビジネスにログインする必要はありません。

    「情報の修正を提案」をクリック「情報の修正を提案」をクリック

  2. 「この場所を削除」をクリックし、理由を選択し、Googleマップからの削除をGoogleに依頼する
    ※この作業には、Googleマイビジネスにログインしている必要はありませんが、Googleアカウント(Gmailアカウント)にはログインしている必要があります。

    「この場所を削除」をクリック

    削除の理由を選択

  3.  Googleより確認メールが届く
    確認なので作業はありません。

  4. Googleがリクエストを承認すると削除されます。

注意点

Googleの承認にはどのくらいの時間がかかるか不明で、待つだけです。


6. 削除せずに店舗情報を管理する方法

店舗情報の削除承認はGoogle次第ということになるので、できれば削除せず以下の方法も検討しましょう。

3つのケースで説明します。

  • 閉店の場合閉店表示にする
  • 継ぎ先がわかっている場合:オーナー権限を譲渡する
  • 重複のしている場合:店舗情報を1つにする

6-1. 閉店の場合は「閉店表示」に

閉店の際には、店舗情報をGoogleマイビジネスから削除することもできますが、閉店したことを告知したい場合や、一時的に閉店する場合は、店舗情報を削除せず閉店の処理をしましょう。

閉店設定の方法

  1. Googleマイビジネスにログイン

    注意: Googleアカウント(Gmailアドレス)を複数持っている場合は該当するGoogleアカウントでログイン

  2. 閉店表示させたい店舗情報(ビジネス情報)を表示
  3. 左ナビから「情報」を選択し、画面の「このリスティングを閉業、または削除する」をクリック

閉店表示させたい店舗情報(ビジネス情報)

「閉業としてマーク」をクリック

「閉業としてマーク」をクリック

 

  1. ポップアップウィンドウで「OK」をクリックすると完了です。

ポップアップウィンドウで「OK」

注意点

このポップアップには注意書きがあるので読んでおきましょう。ポイントは以下の3つです。

  • 閉業したビジネスは引き続き Google サービスに表示される。
  • 掲載ランクは下がる。
  • 営業を再開した時には、このラベルを削除することができる。

閉店状態にすることのメリット

削除しても完全には店舗情報が削除されない可能性があります。また、削除には何か月も時間がかかるもあります。店舗情報が残るなら、自分で管理しておいたほうがいい場合があります。

6-2. 引継つぐ場合はオーナー権限を譲渡

店舗情報を自分で管理しない場合、削除も可能ですが、引き継ぐ相手がわかっていれば譲渡したほうがいい場合があります。

前述のように、完全に店舗情報(ビジネス情報)を削除するためにはGoogleにゆだねる部分があり、不確定なところがあります。

また、仮に自分の店舗情報が完全には削除されずに、新たなオーナー(担当者)が重複して店舗情報(ビジネス情報)を作成してしまうと後できれいにしたい時に、面倒になることがあります。

譲渡先の担当者わかっているのなら、オーナー権限を引き継ぐほうがGoogleマップの情報がきれいになります。

よくあるケース:Googleマイビジネスの担当者が変わる場合

  • 担当者が個人や会社の自分だけのGoogleアカウント(Gmailアドレス)で管理していて、そのまま退社してしまう
  • 担当者でない社員が善意でGoogleマイビジネスの登録をしてしまう

退社前に 新しい担当者を決めたり、グループのメールアドレスを利用したりして、オーナー権限を譲渡しましょう!

譲渡の方法

  1. Googleマイビジネスにログインし、譲渡する店舗情報(ビジネス情報)を表示
  2. 左ナビからユーザーを選択
  3. 右上の人アイコンをクリックし「新しいユーザーを招待」する
  4. ポップアップウィンドウで相手のGoogleアカウント名かGmailアドレスを記入し、役割を選択します。
    ※ 役割はオーナーにします。(オーナーとはすべての管理権限を相手に付与します。)

  5. 相手にメールが配信され、相手が招待に応じると、オーナーとして追加されます。
    相手が招待に応じると、管理者として追加

  6. このユーザーの画面で 相手が追加されたことを確認したら、メインのオーナーに変更します。
    メインのオーナーに変更

    相手にはメールで通知されます。
    相手にはメールで通知

  7. 自分がオーナーから外れる場合は、ユーザー画面から自分をユーザーから削除します。

6-3. 重複している場合は店舗情報を1つにする

Googleが自動生成されたものがあり、自分で作成したものと重複している場合があります。

また 身元が分からない人が、Google作成の店舗情報(ビジネス情報)のオーナーになってしまっている場合もあります。

その時に、オーナーがわからない店舗情報(ビジネス情報)に追加して、自分でも店舗情報(ビジネス情報)作成してしまうと重複を整理する必要がでてきます。

よくあるケース

以下のようなケースもあるので注意しましょう。

  • 前任者が個人アカウントで作成して、そのまま退社してしまった。
  • 業者がホームページを作成した時に業者のアカウントで作成してしまった。
  • 担当者がどのGoogleアカウントでログインし登録したかわからなくなってしまった。

 

重複を把握する方法

重複の場合には、Googleマイビジネスの「ビジネス情報の管理」で重複と表示されます

Googleマイビジネスの「ビジネス情報の管理」で重複と表示

重複しているデメリット

  • Googleマイビジネスで情報を更新しても、変更されない
  • Googleからの評価が下がってしまい、Googleマップ上の一覧でも通常の検索結果の一覧でも上位表示されない

削除するためには

以下が一番きれいに重複を解消す手順です。

  1. 一旦両方の店舗情報についてオーナー権限を自分が持つ
  2. どちらかの情報を削除する

注意:重複した店舗情報(ビジネス情報)を統合することはできません。どちらかの店舗情報を削除する必要があります。

重複の解消方法

  1. 相手にオーナー権限を付与してもらう。

    前章の「譲渡」作業を行う。

    相手がわからない場合、該当店舗情報(ビジネス情報)の左ナビゲーションの「ホーム」からアクセス権をリクエストします。
    アクセス権をリクエスト

  2. 相手によるオーナー権限の付与

    付与が終わるとメールが配信されるで、招待に応じます。

    メールの「招待に応じる」をクリック

    メールの「招待に応じる」をクリック

  3. オーナー権限でメインのオーナーになる

    メインのオーナーを相手から自分にしてもらいます。

  4. 相手のユーザーを削除。これで完了です。

まとめ

お店を探す際にはGoogleマップはよく使われている機能です。

また、通常のGoogle検索をした場合にも、地図表示は自然検索結果よりも上部に表示されるので目立ちます。

上位に表示されれば、右横に枠で店舗情報(ナレッジパネル)が表示されるのでさらに目立ちます。

Googleマイビジネスで不要な情報を削除して、Googleマップ上の店舗情報をきれいに管理しましょう。

うまく活用すれば、GoogleマップやGoogle検索での表示順位のアップにもなります。

自分で調整できれば無料です。是非整理しましょう。

自分でわからない場合は専門業者に相談するのも一つの近道です。

Googleマイビジネスを120%活用する!

Googleマイビジネスやローカル検索広告の設置・運用は、リーチローカル・ジャパンまでお気軽にお問合わせください

通話無料
0800-805-6311

(受付時間:平日10:00〜19:00)