Facebookページの削除手順を画像付きで解説。アプリ・PC対応

delete-facebook-page-eye-catch-image

Facebookページを運営していく過程で、以下のようなケースもあるのではないでしょうか。

・間違えて作成してしまったFacebookページを削除したい
・Facebookページを使わなくなったので、削除したい
・1つの店舗でFacebookページが2つ存在していたので、削除するか、統合したい

ここでは、Facebookページを削除する手順を画像付きで解説した後、ページ削除に関する気になるポイントや注意点、そして、削除ではなく、統合という手段などもご紹介していきます。

Facebookページの削除を検討されている方は、本記事を参考にしていただくことで、スムーズに削除を完了することができます。

※本記事のスクリーンショットや公式ヘルプページ情報は、2018年8月時点のものです。今後のアップデートにより、画面が異なる可能性があります。

1.Facebookページ削除手順:アプリの場合

早速、Facebookページを削除する手順を見ていきましょう。まずは、アプリで削除する手順です。
※iOSのアプリを用いて解説します。

削除完了までの流れですが、2ステップに分かれます。

ステップ1:削除手続き
ステップ2:14日経過後の完全削除作業

ステップ1を実施して、14日経過した後にステップ2を実施しないと、Facebookページは完全削除されないので、注意しましょう。

ステップ1:削除手続き

削除するFacebookページを開き、「ページを編集」を選択。

app-fbpageを編集

「設定」を選択。

app-fbpageを編集-設定

「一般」を選択。

app-fbpage-一般

「ページを削除」という項目の中の「●●を削除」を選択。●●の部分には、Facebookページ名が入ります。

app-fbpage-削除

青い「ページを削除」ボタンを選択。

app-fbpage-削除ボタン

以上で、Facebookページの削除手続きは完了です。

app-fbpage-削除手続き完了

上図に表示されている通り、削除手続き実施後、14日以内であれば削除をキャンセルすることができます。
キャンセルに関しては、【4-2.削除手続き後も14日間以内であればキャンセルできる】でご紹介します。

ステップ2:14日経過後の完全削除作業

14日経過したら、削除手続きしたFacebookページの設定画面を再び開きます。

「ページを削除」の項目までスクロールして、「●●を完全に削除する」というテキストを選択。●●の部分には、Facebookページ名が入ります。

app-fbpage-完全に削除

「ページを削除」を選択。

app-fbpage-完全に削除実行

これで、アプリ操作でのFacebookページの削除は完了です。

app-fbpage-完全に削除完了

2.Facebookページ削除手順:パソコンの場合

続いて、パソコンでFacebookページを削除する手順です。

削除完了までの流れは、アプリと同じく、2ステップに分かれます。

ステップ1:削除手続き
ステップ2:14日経過後の完全削除作業

ステップ1を実施して、14日経過した後にステップ2を実施しないと、Facebookページは完全削除されないので、注意しましょう。

ステップ1:削除手続き

削除するFacebookページを開き、「設定」を選択。

pc-設定

ページを下にスクロールして、一番下にある「ページを削除」の「編集する」を選択。

pc-fbpageを編集

「ページを削除」という項目の中の「●●を削除」を選択。●●の部分には、Facebookページ名が入ります。

pc-fbpage-削除

「ページを削除」を選択。

pc-fbpage-削除ボタン

以上で、Facebookページの削除手続きは完了です。

pc-fbpage-削除手続き完了

上図に表示されている通り、削除手続き実施後、14日以内であれば削除をキャンセルすることができます。
キャンセルに関しては、【4-2.削除手続き後も14日間以内であればキャンセルできる】でご紹介します。

ステップ2:14日経過後の完全削除作業

14日経過したら、削除手続きしたFacebookページの設定画面を再び開いて、「ページを削除」の「編集」を選択してください。

pc-fbpageを編集

「●●を完全に削除する」というテキストを選択。●●の部分には、Facebookページ名が入ります。

pc-fbpage-完全に削除

「削除」を選択。

pc-fbpage-完全に削除実行

これで、パソコン操作でのFacebookページの削除は完了です。

pc-fbpage-完全に削除完了

3.Facebookページを削除できるのは「管理者」のみ

Facebookページを削除する手順をご紹介しましたが、誰でもFacebookページを削除できるわけではありません。
Facebookページには、「権限」というものがあり、その権限のレベルが「管理者」の人でないと、削除を実施することはできません。

したがって、もし、あなたが前述の削除手順を実施しょうとして、削除ボタンが表示されなかった場合は、あなたは「管理者」ではない、ということになります。

なお、Facebookページには、6種類の権限があり、Facebookページを削除できるのは、「管理者」のみです。
・管理者
・編集者
・モデレーター
・広告管理者
・アナリスト
・ライブ寄稿者

参考:facebookヘルプセンター ページの役割にはどんなものがありますか。どのようなことができますか。

あなたが「管理者」ではなかった場合で、Facebookページを削除したいときのケース・対処法は以下の3種類あります。

3-1.「管理者」にFacebookページの削除を依頼する
3-2.「管理者」に対して、自分を「管理者」に追加してもらうように依頼する
3-3.「管理者」に連絡がつかない場合は、削除が困難になる

3-1.「管理者」にFacebookページの削除を依頼する

1つ目は、『「管理者」にFacebookページの削除を依頼する』ケースです。

誰が「管理者」なのかを確認して、その人に、Facebookページの削除を依頼しましょう。
なお、Facebookページの「管理者」を確認する手順は、以下の通りです。

該当のFacebookページを開いて、右上の「設定」を選択します。

pc-設定

左側のメニューから、「ページの役割」を選択すると、該当のFacebookページに対して、誰が管理者なのか、その他の権限所有者の一覧を確認できます。

pc-ページの役割

3-2.「管理者」に対して、自分を「管理者」に追加してもらうように依頼する

2つ目は、『「管理者」に対して、自分を「管理者」に追加してもらうように依頼する』ケースです。

「管理者」が何かしらの理由で削除実施できない場合は、あなたを「管理者」として追加していただくように依頼しましょう。
「管理者」として追加してもらう手順は、下記の公式ヘルプページをご参照ください。

参考:facebookヘルプセンター ページで役割を管理するにはどうすればよいですか。

3-3.「管理者」に連絡がつかない場合は、削除が困難になる

3つ目は、Facebookページの削除が困難になるケースで、『「管理者」に連絡がつかない場合』です。

退職した前任者だけが「管理者」となっていて、前任者に連絡しても返答がない、などのケースが該当します。

結論ですが、Facebook公式ヘルプには、「管理者」に連絡がつかない場合の対処法は明記されておらず、正式な対処法は不明です。

Facebookコミュニティ規定に違反するページの削除申請方法は、下記の公式ヘルプに記載されていますが、この方法が正しいとも言えません。

参考:facebookヘルプセンター 報告するには

粘り強く、「管理者」へ連絡を送り続けることで解決をめざしましょう。

4.Facebookページ削除に関して知っておくべきこと5つ

続いて、「Facebookページ削除に関して知っておくべきこと」をご紹介します。

4-1.削除手続きをしても、フォロワーには通知されない
4-2.削除手続き後も14日間以内であればキャンセルできる
4-3.削除手続き後でも、Facebookページにはアクセスできて、過去の投稿も閲覧できる
4-4.削除完了後は復元できない
4-5.削除前にFacebookページのコンテンツをダウンロードできる

ひとつずつ、見ていきましょう。

4-1.削除手続きをしても、フォロワーには通知されない

知っておくべきこと1つ目は、「削除手続きをしても、フォロワーには通知されない」ことです。

削除手続きを実施しても、Facebookページに「いいね!」している人や、「フォロー」している人には、通知されません。
ただし、Facebookページの他の「管理者」や「編集者」などの権限を付与されているユーザーには、通知されます。

4-2.削除手続き後も14日間以内であればキャンセルできる

知っておくべきこと2つ目は、「削除手続き後も14日間以内であればキャンセルできる」ことです。

もし、削除手続きをしたあと、削除したことを後悔した場合でも、14日間以内であれば、削除をキャンセルできます。
キャンセルは非常に簡単で、削除手続きを実施したFacebookページを開いて、「キャンセル」という箇所を選択するだけです。

なお、削除のキャンセルも、権限が「管理者」の人しか実施できません。

削除キャンセルボタン:アプリの場合

app-削除キャンセル

削除キャンセルボタン:パソコンの場合

pc-削除キャンセル

4-3.削除手続き後でも、Facebookページにはアクセスできて、過去の投稿も閲覧できる

知っておくべきこと3つ目は、「削除手続き後でも、Facebookページにはアクセスできて、過去の投稿も閲覧できる」ことです。

ここまでご紹介してきた通り、Facebookページが完全に削除できるようになるまで、14日間の猶予期間があります。
この14日間、一般のユーザーは、該当のFacebookページを開くことができ、過去の投稿も閲覧できてしまいます。

Facebookページを削除する理由は様々かと思いますが、中には、『Facebookページを今すぐ閲覧できない状態にしたい』という方もいるでしょう。
そんなときは、「非公開」に設定変更します。

閲覧させたくない場合は、非公開に切り替える

Facebookページを「非公開」に変更することで、Facebookページは一般ユーザーが開けなくなります。

それでは、アプリとパソコン、それぞれの操作手順をご紹介します。
なお、「非公開」設定も、権限が「管理者」の人しか実施できません。

非公開設定:アプリの場合(iOS)

まず、アプリの場合です。
削除手続きを実施したFacebookページを開き、「ページを編集」を選択。

app-fbpageを編集

「設定」を選択。

app-fbpageを編集-設定

「一般」を選択。

app-非公開手順-一般

「Facebookページの公開設定」の項目で、「公開をやめる」を選択すると、非公開設定完了です。

app-非公開手順-実行

非公開設定:パソコンの場合

次に、パソコンの場合です。
削除手続きを実施したFacebookページを開き、画面右上の「設定」を選択。

pc-非公開手順-設定

「公開範囲」の「編集する」を選択。

pc-非公開手順-公開範囲

「ページは公開されていません」を選択後、「変更を保存」を選択。

pc-非公開手順-非公開選択

ページを非公開にする理由を聞かれます。
近しい理由を選んでも良いですし、「その他」を選んで、未入力のまま「非公開にする」ボタンを選択しても、非公開処理が完了します。

pc-非公開手順-非公開実行

4-4.削除完了後は復元できない

知っておくべきこと4つ目は、「削除完了後は復元できない」ことです。

Facebookページ削除手続きを行い、14日が経過した後、ページの完全削除を実行した後、復元することはできません。

4-5.削除前にFacebookページのコンテンツをダウンロードできる

知っておくべきこと5つ目は、「削除前にFacebookページのコンテンツをダウンロードできる」ことです。

Facebookページには、投稿内容や写真を一括してダウンロードできる機能がついています。

前述の通り、Facebookページ削除完了後は、復元することはできません。つまり、「あの投稿の画像を再利用したい」と思ったとき、取得することができません。
したがって、Facebookページの投稿内容や写真を、いつか使うかもしれない方は、削除前にコンテンツをダウンロードしておきましょう。

なお、ダウンロードできるのは、権限が「管理者」の人、且つ、パソコンのみでしか実施できません。(2018年8月時点)

ダウンロード手順は、以下の通りです。

pc-設定

下にスクロールして、「ページをダウンロード」を選択。

pc-ページをダウンロード

「ページをダウンロード」を選択。

pc-ページをダウンロードボタン

「スタート」を選択。

pc-ページをダウンロード-スタート

「ダウンロード開始」を選択。

pc-ページをダウンロード-実行

ダウンロード用のファイル準備が完了すると、Facebookアカウントに登録しているメールアドレス宛に、ダウンロードリンクがメールで飛んできます。
メール内の「リンク」というテキストをクリックすると、ダウンロードページが開きます。(リンクには、4日間の有効期限があります)

pc-ページをダウンロード-リンク

「ページをダウンロード」を選択すると、.zipファイル形式で、ダウンロードされます。

pc-ページをダウンロード-準備完了

5.Facebookページ削除ではなく、「統合」もできる

最後に、Facebookページの「統合」という手段をご紹介します。

統合は、例えば、以下のようなケースで活用できます。

何かしらの理由で、店舗AのFacebookページをXさん、Yさんが別々で作成していた。
つまり、店舗AのFacebookページが2つある。
あるとき、Facebookページが2つあることに店舗オーナーが気付き、どちらかを削除しようと思った。
しかし、どちらにも、フォロワーがついていて、削除したら、せっかく頑張ってきたのにフォロワーが離れてしまう。

このとき、XさんのFacebookページに、YさんのFacebookページを統合する。または、その逆ができます。
それでは、統合の詳細を見ていきましょう。

5-1.統合できるものは、ページに「いいね!」している人とチェックイン

統合によって、1つのFacebookページに まとめられる項目と、まとめられない項目は、以下の通りです。

まとめられる項目

・ページに「いいね!」している人
・チェックイン

まとめられない項目

・投稿
・写真
・レビュー
・評価
・ユーザーネーム

FacebookページXを、ページYに統合する場合、ページXの投稿や写真などの「まとめられない項目」は、ページYには、追加されません。
ページXの投稿や写真などの「まとめられない項目」は、消滅します。

5-2.統合する前にFacebookページのコンテンツをダウンロードする

統合を実施する前に、統合するページのコンテンツをダウンロードすることをオススメします。

例えば、FacebookページXを、ページYに統合する場合、ページXのコンテンツをダウンロードしておきましょう。
理由は、前述の通り、すべてのものがページYにまとめられるわけではありませんので、コンテンツをダウンロードすることをオススメします。

コンテンツのダウンロードは、【4-5.削除前にFacebookページのコンテンツをダウンロードできる】をご参照ください。

5-3.統合するための条件3つ

続いて、統合するための条件3つをご紹介します。
公式ヘルプページに記載されている統合のための条件は、以下の通りです。

(1)両方のページの管理者である
(2)ページの名前が類似していて、同じ内容を扱っている
(3)ページに位置情報がある場合、その住所が同じである

参考:facebookヘルプセンター 2つのFacebookページを統合できますか。

「(1)両方のページの管理者である」に該当しなかった場合、権限「管理者」に追加する作業を行うことで、統合の条件を満たせます。
権限「管理者」を追加する手順は、公式ヘルプページをご参照ください。

参考:facebookヘルプセンター ページで役割を管理するにはどうすればよいですか。

5-4.統合の手順

それでは、統合の手順を、パソコン画面でご紹介します。

統合したいFacebookページを開いて、「設定」を選択。

pc-設定

下にスクロールして、「ページを統合」を選択。

pc-ページを統合

「重複しているページを統合」を選択。

pc-ページを統合ボタン

パスワードを入力して、「次へ」を選択。

pc-ページを統合-パスワード

統合するFacebookページを選択(下図の1番)、「次へ」を選択(下図の2番)
保持するページを選択(下図の3番)、「ページを保持」を選択して、完了です。

pc-ページを統合-実行

6.まとめ

いかがでしたでしょうか。

ここで、ご紹介した 主なポイントを、おさらいしておきましょう。

・Facebookページの削除は、アプリ・パソコン、どちらからでも簡単に実施できる
・削除できるのは、「管理者」のみ
・削除手続きしても14日間以内であればキャンセルできる
・削除完了後は復元できない
・削除前にコンテンツをダウンロードできる

本記事が、あなたのFacebookページ削除作業の一助になりましたら、幸いです。